売り込み一切ナシで”高成約率”と”口コミ紹介”を獲得!!

営業は「当たって砕けろ精神」という時代遅れの観念に惑わされるな!!

2019/10/04
 
この記事を書いている人 - WRITER -
鈴木康之
株式会社Draw out代表取締役。大手ホテルでの営業を10年経験した後、生命保険の営業マンに転身。ホテルの看板を外した自分を信頼してもらえないという厳しい現実に直面。断られ続ける日々に心が折れ、一時はお客さんに電話をかけられない状況に、、、。 ある商談で「楽しく話しているだけで売れる」ということを体験し、営業スタイルが激変。最終的には保険業界で優績営業マンの称号であるMDRTを取得し、後輩の指導などを担当することに。 現在は、自身の売れなかった経験を元に、いかに楽しく売れる営業を作り上げるのか、数多くの営業マンをサポートしている。
詳しいプロフィールはこちら

この記事のポイント

  • 当たって砕けろで数字が上がる人はいる
  • でも、当たって砕けろは相手に失礼
  • 準備をして自信を持って会いに行く
  • 面談が恐い時は「売る」意識を持っているかも
  • シミュレーションで対応力を上げるべし
  • 当たって砕けてはいけません。

 

当たって砕けたら痛くないですか??

「営業は当たって砕けろ」
「営業は断られてから始まる」
これは成功法則なんでしょうか??

結論は、、、
人によります。笑

もし、いくら断られても心が折れない人
押し売りして嫌われても心が痛まない人

そんな人だったら
当たって砕けろ精神で売上は上がります。

とにかくガンガンアプローチして、
断られてもへこたれずに経験を踏めば
いつの間にか良い商談ができるようになる。

「量は質に転化する。だからとにかく行け。」
なんて講演で話す人もいました。

実際に私が以前いた保険業界で成功している人は
イケイケタイプの人が少なくありません。

しかし、問題なのが
多くの人は
当たって砕けて、
心も折れる、ということ。笑

保険業界も多くの若手が去っていきます。
自分は「当たって砕けろ精神」は
一般的には間違いだと思います。

断られたら嫌だし
人にも嫌われたくない。

だから商品に確信が持てるまで
セールスできなかったし
それは今でも正しかったと思います。

その結果、行き着いたのが
この「ノンストレスセールス」です!!

そもそも相手に失礼じゃない?

そもそも砕ける前提で当たられる
お客さんからしたら困った話ですよね。笑

いやいや、ちゃんと良い話できると自信を持って
商談に来てくださいよって思いません?

だから、しっかりと商品の価値をわかって
それを伝えられる準備は絶対にすべきです。

ただ、勇気が出なくて動けない。
そんなときは思い切っていけ。
というのは必要です。

だけどそれは
「当たって砕けろ」ではありません。
砕ける前提で行くのではないんです。

もし営業で動けなくなっている時は
少しでも「売り込む」気持ちがあるか、
自分の商品サービスに確信が持ててないか、
そのどちらかと思います。

売り込む気持ちは捨てて
お役立ちの精神で行動しましょう。
オグ・マンディーノを読んでもいいかもしれません。
詳しくはこちらをご参照

もし自分の商品・サービスに自信が無い時は
自信を持てるまでセールス活動は止めましょう。
自信を持つためには既存顧客の声を拾う事が有効です。

そうして初めて
営業に出る準備が整ったことになります。

さらにおすすめは商談前に
商談のシミュレーションをすることです。
相手の現状、欲求、対策を予想して臨む。
ちゃんと準備して面会すると対応力が上がる。

営業には対応力が必要です。
同じ状況は二度とありません。

ノンストレスセールスを始めたばかりの時は
こちらの質問に対して想定外の回答が来て
あたふたしてしまうケースがあります。

自分もそうでした。
自分が良いと確信しているサービスを
お客様はあまり良いとは言わない。

そんな時、焦りますよね。

でも焦る必要は全くなくて
「なるほど、そう感じられたんですね」と受け止め
「どの辺でそう感じられましたか?」と尋ねます。

お役立ちのために行くので、
相手を思って準備することは必須です。

当たって砕けてはいけない。
出来る準備はしっかりやって、
お客様に選んで頂く。それだけでOKです^^
気楽にいきましょう~

まとめ

  • 当たって砕けろで数字が上がる人はいる
  • でも、当たって砕けろは相手に失礼
  • 準備をして自信を持って会いに行く
  • 面談が恐い時は「売る」意識を持っているかも
  • シミュレーションで対応力を上げるべし
  • 当たって砕けてはいけません。

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
鈴木康之
株式会社Draw out代表取締役。大手ホテルでの営業を10年経験した後、生命保険の営業マンに転身。ホテルの看板を外した自分を信頼してもらえないという厳しい現実に直面。断られ続ける日々に心が折れ、一時はお客さんに電話をかけられない状況に、、、。 ある商談で「楽しく話しているだけで売れる」ということを体験し、営業スタイルが激変。最終的には保険業界で優績営業マンの称号であるMDRTを取得し、後輩の指導などを担当することに。 現在は、自身の売れなかった経験を元に、いかに楽しく売れる営業を作り上げるのか、数多くの営業マンをサポートしている。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 鈴木康之の NON STRESS SALES !! , 2018 All Rights Reserved.