売り込み一切ナシで”高成約率”と”口コミ紹介”を獲得!!

「自分を売る」とは、自分の想いを熱く語ることではありませんよ!!

2019/10/04
 
この記事を書いている人 - WRITER -
鈴木康之
株式会社Draw out代表取締役。大手ホテルでの営業を10年経験した後、生命保険の営業マンに転身。ホテルの看板を外した自分を信頼してもらえないという厳しい現実に直面。断られ続ける日々に心が折れ、一時はお客さんに電話をかけられない状況に、、、。 ある商談で「楽しく話しているだけで売れる」ということを体験し、営業スタイルが激変。最終的には保険業界で優績営業マンの称号であるMDRTを取得し、後輩の指導などを担当することに。 現在は、自身の売れなかった経験を元に、いかに楽しく売れる営業を作り上げるのか、数多くの営業マンをサポートしている。
詳しいプロフィールはこちら

この記事のポイント

  • 「自分を売る」とはどういうことか?
  • 自分をアピールすることではない
  • 自分を売る=相手の話を聴くこと
  • 「私ばっかり話しちゃった」と言わせるべし
  • プロは1回で相手を感動させろ

 

自分を売るとは!?

「商品を売る前に自分を売れ!」
という言葉を聞いたことがありますか?

営業の世界では昔からよく聞くそうですが
この言葉の捉え方を間違えると
大変なことになります。

すごく誤解を生む表現だなと思います。
「自分を売る」とはどういう事なんでしょうか??

結論から言います。
相手を思う気持ちが伝わって、
相手は「いい人だな」と思う。

それが「自分を売る」ということです。

自分の凄い人間なんだとアピールすることでも
ストーリーを
熱く語ることでもありません。
たまにそういう人いますよね(^^;

それがバチっとハマって
めちゃめちゃ仲良くなる人もいますが、
それが出来るのは限られた人だけです。

あなたがもし、
自分を語ることが苦手だと思ったら
自分を語ること止めちゃいましょう。

自分が話さなくても
自分を売ることはできます。

自分を売る=相手の話を聴くこと

NSSでお勧めしている自分を売る方法は
「相手の話を聴くこと」です。

相手のことをきちんと聴くことが、
自分を売ることになります。

人は自分の話を聞いて欲しい生き物です。
お客さんもその一人です。

でも営業マンはお客さん以上に
しゃべりたがっていたりします。
それではあまり上手くありません。

話をよく聴く営業マンは
それだけで珍しい存在です。

相手の話を聞いて共感し、
徐々に波長を合わせていく。
共感しながら、自分の話も少しする。

そうすることで
徐々に相手との距離が縮まります。

「あれ?私ばっかり話してしまった。」
とお客さんに言われたら良い感じです^^b

そうなったら、
「ところで、あなたのお仕事は?」
と聞く態勢をお客さんが整えてくれます。

プロの営業マンは、、、

営業活動には様々な段階があります。
まずは人間関係を結ぶ段階、
そして現状を聞く段階、
さらに深く現状を聞く段階。

何度も会って関係を作るのは
話を聴ける人ならば誰でもできます。

プロの営業マンは一回会って、
「あなたに出会えてうれしい!!

と相手を感動させるような面会をするように
尊敬する青木毅先生はおっしゃいます。

私はまだできません。まだまだ修行中の身です。
一緒に修行してくれる方、大募集中です^^

まとめ

  • 「自分を売る」とはどういうことか?
  • 自分をアピールすることではない
  • 自分を売る=相手の話を聴くこと
  • 「私ばっかり話しちゃった」と言わせるべし
  • プロは1回で相手を感動させろ

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
鈴木康之
株式会社Draw out代表取締役。大手ホテルでの営業を10年経験した後、生命保険の営業マンに転身。ホテルの看板を外した自分を信頼してもらえないという厳しい現実に直面。断られ続ける日々に心が折れ、一時はお客さんに電話をかけられない状況に、、、。 ある商談で「楽しく話しているだけで売れる」ということを体験し、営業スタイルが激変。最終的には保険業界で優績営業マンの称号であるMDRTを取得し、後輩の指導などを担当することに。 現在は、自身の売れなかった経験を元に、いかに楽しく売れる営業を作り上げるのか、数多くの営業マンをサポートしている。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 鈴木康之の NON STRESS SALES !! , 2018 All Rights Reserved.