売り込み一切ナシで”高成約率”と”口コミ紹介”を獲得!!

第32回「商談のお茶代は、お客さんと折半をした方が良い!?」

2019/06/03
 
この記事を書いている人 - WRITER -
鈴木康之
株式会社Draw out代表取締役。大手ホテルでの営業を10年経験した後、生命保険の営業マンに転身。ホテルの看板を外した自分を信頼してもらえないという厳しい現実に直面。断られ続ける日々に心が折れ、一時はお客さんに電話をかけられない状況に、、、。 ある商談で「楽しく話しているだけで売れる」ということを体験し、営業スタイルが激変。最終的には保険業界で優績営業マンの称号であるMDRTを取得し、後輩の指導などを担当することに。 現在は、自身の売れなかった経験を元に、いかに楽しく売れる営業を作り上げるのか、数多くの営業マンをサポートしている。
詳しいプロフィールはこちら

喫茶店や飲食店で営業をする場合のお会計はどうしていますか?多くの人は営業側が負担をしていると思います。しかし、鈴木康之は、成果を上げていた営業時代、2回目以降のお会計は、なんと、できるだけお客さんと折半するようにしていました。理由は2つあります。今回は、喫茶店でのお会計を、お客さんと折半すると良い理由について、鈴木康之が解説します!!

ノンストレスセールスでは質問を募集しています。
こちらの質問フォームからどしどしお寄せ下さい!!
https://ws.formzu.net/dist/S55911863/

この記事を書いている人 - WRITER -
鈴木康之
株式会社Draw out代表取締役。大手ホテルでの営業を10年経験した後、生命保険の営業マンに転身。ホテルの看板を外した自分を信頼してもらえないという厳しい現実に直面。断られ続ける日々に心が折れ、一時はお客さんに電話をかけられない状況に、、、。 ある商談で「楽しく話しているだけで売れる」ということを体験し、営業スタイルが激変。最終的には保険業界で優績営業マンの称号であるMDRTを取得し、後輩の指導などを担当することに。 現在は、自身の売れなかった経験を元に、いかに楽しく売れる営業を作り上げるのか、数多くの営業マンをサポートしている。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 鈴木康之の NON STRESS SALES !! , 2019 All Rights Reserved.